コーヒー販売・通販/アイビーンズコーヒーは、滋賀県多賀町の片田舎でスペシャルティーコーヒーをローストしています。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ルワンダ ムゾWS ジャンジャヒル【200g】

  • ストレート豆
  • ストレート粉
  • シティーロースト
  • 中庸
  • アフリカ/アラビア
通常価格:¥1,512 税込
¥1,512 税込
重さ: 200.00 g
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

スペシャルティコーヒーの産地として成長著しいルワンダ。

その中でも特に優れた品質のコーヒーは、

ケニアやエチオピアといった東アフリカの主要生産国のトップクオリティにも劣りません。


そんなルワンダコーヒーの魅力や多様性を証明するように

当店初登場の豆を紹介します。


ルワンダでは北部州・西部州・南部州で品質の高いコーヒーが作られています。

北部州ガケンケ郡はコンテストなどでも多くの入賞者を輩出しており、

国内外で高品質コーヒーの産地として有名です。

ガケンケ郡の中央部には標高2000mを超える山脈が南北に連なっており、

同郡を首都キガリに近いいわゆる「表側=東部」と、

キガリから遠い「裏側=西部」とに隔てています。


当店となじみの深い「ニャミラマ」はルワンダ南部州ですが、

今回のムゾウォッシングステーションは

ルワンダ北部州ガケンケ郡の西部(裏ガケンケ)に位置していて、

ゴリラの森や火山で知られるビルンガ国立公園のあるムサンゼ郡と近い地域です。


北部地域は、アルティソルという赤土が広く分布しており

土壌の表層は主に粘土質。

こうした土壌環境と冷涼で湿潤な気候が、

独特の風味特性を備えたコーヒーの産出を可能にしています。


濃縮感のあるオレンジの甘みをでしっかりとした味わいです。

独特な果実感、今までとは違うルワンダを味わえます。


是非お楽しみください。



【概要】

生産者:ラディシラス氏を中心とした52農家

所在:北部州ガケンケ郡ジャンジャヒル周辺の地域。複数の地区や集落にまたがっている

標高:1,700~2,000m

収穫:農家ごとに完熟したチェリーを選択的に手収穫、さらに農家にてチェリーの手選別を施しWSへ

収穫期:4-6月

WS:ムゾウォッシングステーション

所在:北部州ガケンケ郡ムゾ市カバテジ地区ウルソローロ集落

ウェットミル標高:1600m

※規模感から次のように表記しています。Province=州、District=郡、Sector=市、Cell=地区、Village=集落。



<ウェットミル工程>

  • WS備え付けの専用アフリカンベッドまたはシート場にて熟度チェック。必要に応じて再度手選別。その後重量測定し受け入れ。
  • チェリー投入タンクに併設されたフローティングタンクにてフローター(乾いたもの、生育途中の小さいもの、虫に食われたもの)除去。
  • ディスクパルパーにて脱肉、この際最初に沈むパーチメントのみを一級品に使用。
  • 発酵はドライで12h。
  • 水路にて洗浄と比重選別を施しパーチメントを3つのグレードに分ける。最後に残った重いパーチメントを一級品に使用。
  • 水路での選別後すぐにハンドソーティングを行う。それによりパーチメントが濡れている間にしか見分けられない未成熟、虫の食害を受けたパーチメントなどを除去できる
  • 屋根付きのアフリカンベッドにて一日陰干し。パーチメントの手選別も施される。
  • 直射日光下のアフリカンベッドで天日乾燥。20~30日程度かけてゆっくりと乾かされる。
  • <ドライミル工程>

    1.粗選別 2.脱穀 3.スクリーン選別 4.比重選別 5.手選別

    コーヒー検索

    カテゴリ一覧

    ページトップへ