コーヒー販売・通販/アイビーンズコーヒーは、滋賀県多賀町の片田舎でスペシャルティーコーヒーをローストしています。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

マンデリン オナンガンジャン【200g】

  • ストレート豆
  • ストレート粉
  • フレンチロースト
  • コク/苦味
  • アジア/太平洋
通常価格:¥1,620 税込
¥1,620 税込
重さ: 200.00 g
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

久しぶりにマンデリンが変更となります。

オナンガンジャン地区のマンデリンが入荷致しました。

今までのリントン地区に近接していますが、

若干香味の違いがあります。

柑橘系の味わいとまろやかな口当たりで

マンデリンらしからぬ感じが印象的です。

豊かなコクは健在ですが、

オレンジのような酸があり

リントン地区のような濃密な感じはやや少なめです。

生産者は、オナンガンジャン地区にすむ小農家の方々です。

品種は在来品種のクラシックモカです。

完熟チェリーのみを細心の注意を払って手摘みし、

スマトラ特有の精製工程を行いました。

スマトラ式精製とは、

チェリーの果肉を剥き半乾きのパーチメントを脱殻してから、

アフリカンベットと言われる棚の上のネットでじっくりと天日乾燥後脱穀されます。

水分が13パーセント前後まで乾燥させた後にスクリーニング。

そして数回にわたりハンドピックを含めた厳正な選別が行われています。

フルボディーの広がりのある上質で滑らかなコクと心地よい苦味。

酸味はやわらかで優しい味わい。

是非この機会にお試しください。

【概要】

生産者:オナンガンジャンの農家
所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県オナンガンジャン
標高:1,400m
収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫
商流:特定の農家⇒1つの集売業者⇒輸出業者
※輸出業者と良好な菅家が構築できている特定の集売業者、集売業者と付き合いの深い農家、というLCFマンデリン同様のスキームが構築できているので、LCF仕様の商品をリクエストし生産することが可能。徐々に精度を上げていく。
精製-乾燥:スマトラ式
1.農家にて
果肉除去⇒一晩(12時間)ドライファーメンテーション⇒水洗⇒1次乾燥(2日天日乾燥)
2.集買業者にて
一時乾燥済パーチメント買付⇒脱穀⇒2次乾燥(パティオにて5日天日乾燥)⇒水分値安定のため30日間保管
3.輸出業者にて
粗線別⇒スクリーン⇒比重⇒カラーソーター⇒手選別
※通常の選別工程に加え、虫食いに特化したハンドソーティングを別途実施。この工程は近年の虫食い被害対策としてこちらからリクエストしたLCF仕様。

品種:オナンガンジャン
※農家が自分の木から収穫した種を用いて育苗しているため、近隣農家からの花粉を媒介し他品種と交雑している可能性は否定できない。
※オナンガンジャンは由来にいくつかの説がありはっきりしていない。次の2つが有力。
説1.オナンガンジャン地区で発見されたクラシック・スマトラの1つ。
説2.ブルボンの突然変異品種。どこで発生してどのように持ち込まれたかは不明。
クラシック・スマトラとは:
1876年スマトラにおいてもサビ病が発生し壊滅的被害をもたらしたこと、その余波としてロブスタやハイブリッド品種への植替えが進んだことで、当時スマ トラで栽培されていたティピカ品種は失われたと考えられていた。しかし、後にスマトラ島の奥地であるトバ湖周辺において当時栽培されていたティピカ系品種 の生き残りが再発見された。現地では発見地によりバーゲンダル、シディカラン、ガロンガンと呼ばれている。


コーヒー検索

カテゴリ一覧

ページトップへ